皆中稲荷神社の由来

江戸時代、鉄炮組与力の夢枕に稲荷様が立たれ、霊符を示し、
稲荷神社にお参りをして射撃を試みたところ
百発百中「皆中(みなあたる)の稲荷」と称され、
みなあたる、よくあたる神様として親しまれております。


お知らせ

2020/11/05
七五三御祈願の予約受付中



2020/11/06
新型コロナウイルス感染症感染防止対策として、
手水舎の柄杓は撤去しています。
流水から直接手を、お清め下さい。