皆中稲荷神社の由来

江戸時代、鉄炮組与力の夢枕に稲荷様が立たれ、霊符を示し、
稲荷神社にお参りをして射撃を試みたところ
百発百中「皆中(みなあたる)の稲荷」と称され、
みなあたる、よくあたる神様として親しまれております。


お知らせ

2020/05/26
緊急事態宣言の解除にあたり

授与所の時間
月31日までは午前10時より午後3時まで

6月1日から通常の午前9時から午後5時に戻します。

感染予防のため
・職員はマスク着用、手指のアルコール消毒を実施します。

・手水舎の柄杓 社殿前の鈴の緒は多くの参拝者の手が触れるため引き続き当分の間使用しません。

御祈祷について

・6月1日以降、御祈祷の受付を再開しますが、換気のため、戸は開けて行います。

・社殿に入る方の(付き添いの方など)人数制限をお願いすることがあります。

・御祈祷を受ける方はマスクの着用と手指の消毒をお願いします。

・感染予防の観点から、神酒拝戴は自粛します


・当日、体調の悪い方はご遠慮ください。


・状況により変更することがあります。

 ご理解ご協力よろしくお願いします。

2020/05/06
新型コロナウイルス感染症対策について

・お札、お守りの授与は午前10時から午後3時までの時間短縮になります。

・5月中は、御祈願の受付はお断りします。

・神社職員のマスク着用と、手指の消毒を実施いたします。

・当面の間、手水舎 鈴緒のご利用を控えさせていただきます。


ご理解 ご協力お願いいたします。